今日の14時46分は、静かに過ごしました。
この5年間を振り返ってみたら、最初の頃の何年かは無我夢中であまり覚えていない気がします。でも、今日思うことは、やっぱり私は生まれ育ったふるさとが大好きで双葉に生まれて良かったということです。
大切な人たちが沢山います。
守ってあげたいと思います。
今日まで出来ることを精一杯やってきたつもりです。沢山の素晴らしい出会いやご縁を頂いて、多くの方に支えて頂いた5年でした。

5年を迎えて、現地も変わっていきました。私たちの活動もまた変わっていくと思います。一人でも多くの方を福島へお連れしたいと定期便を出してきました。本当に沢山の方にご参加頂きました。事故や法律改訂の影響でなかなかバスを出し続けていくのも厳しくなるでしょう。新年度からは、緊急支援を中心にと考えています。

最初の頃は、出身を答えれば『あの?』と言われることも良くあり、あまり言いたくないなと思っていました。でも今は違います。福島には素晴らしい所がたくさんあって、素晴らしい人たちが懸命に生きています。だから、伝え続けたい。

Power of JAPANとして、日本の力になりたいと走り続けてきて、一人では出来ないことも多くの人の力によって出来るんだと感じました。

あの時、でこぼこの高速道路は支援物資を運ぶたくさんのトラックと支援へ向かうレスキューでいっぱいでした。通る度に料金所の方は、車へ向かって敬礼していました。

日本が1つでした。
助け合いと思いやり。
私たちの大きな倉庫は、支援物資で埋め尽くされて歩く隙間もありません。

日本の力を目にして、日本の力に支えられて、Power of JAPANは今日を迎えることが出来ました。

お一人お一人に恩返しは出来ませんが、たった二人から始まったこのPower of JAPANをここまで支えてくださったみなさん、本当に本当にありがとうございます。

また様々な形で福島を日本を元気にしていけたらと思っています。

今日も福島を想ってくださったみなさん、本当にありがとう。

FB_IMG_1457679217166