4年目の福島スタディツアー参加者さんを募集しています!

もう少しで、震災から4年を迎えます。
毎年3月には被災地で過ごしたいという声をたくさん頂き、ご参加くださるみなさんと一緒に
活動して参りました。

今年もたくさんの想いを頂き、違った形で一緒に進んで行く福島を見て頂きたいと思いました。
そして今年は、「共に作る」をテーマとさせて頂いてスタディツアーを開催させて頂くことに致しました。
5年目に向かってみなさんと「共に作る」福島を目指して。

とよま小学校

今回のツアーは、豊間小学校から始まります。

あの日、子どもたちは、下校後まもなく地震にあいました。山が鳴り、家の屋根から瓦が落ち、塀が崩れた。
防災無線も壊れ、まさかあんなに大きな津波が来るとは思いもしなかった。
高いところにのぼり、難を逃れた人たち、津波に巻き込まれながらなんとか助かった人たち。
ほかの地域に通じる唯一の道路は寸断され、かろうじて津波をかぶらなかった小学校の校舎に、みんなで避難した。
暗くなっても次々とけが人が運ばれてきた。大人たちは、目の前の状況に対応するので精一杯だった。
小学校より200m海側にあって被災した豊間中学校も、一緒に小学校の校舎に入った。
何もなくなってしまったこの場所に仮設住宅やほかの地域からスクールバスで通っている子がほとんどです。

校長
2012年4月、豊間小学校が再開すると同時に赴任してきたのが、水谷 大校長先生です。
先生は、子供たちの心の傷を回復するのは、何よりも「日常を取り戻すこと」だと考え様々な企画や授業を
行ってきました。

映画学校

映画学校1

以前、取材させて頂いたこの映画学校もその1つです。
プロの監督、脚本家、技術などが先生として入り、子供たちが自ら脚本を書いて、撮影もして、
編集まで行います。

今回のツアーでは、特別に豊間小学校にご協力を頂き、子供たちが制作した
ショートムービー被災地の子どもたちが描く未来「何にもないけど、何でもある」
を上映して頂きます。

そして、映像を交えながら水谷校長先生が子供たちと一緒に過ごしてきた4年とこれからの未来の
お話しをしてくださいます。

先生が伝えたいこと、震災をバネにしてこの時代をどうやってしなやかに生きるのか。
子どもたちが気兼ねなくいつでも出入りできる校長室というのは、ここだけかもしれません。
一番大変な時期に水谷先生が豊間小学校に来た意味がすごくよくわかりました。

そんな先生と共に、子供たちの未来を学ぶ機会にしたいと思います。

B-XBtLBCEAAreur

B-XBuEPCQAAkZw9

そして、ランチは昨年末にオープンした豊間復興商店「とよマルシェ」へ。
懐かしい味の復活に地元の人が通うお店でランチを取って頂いたり、
地元の人のために魚を食べさせ続けたいと加工業を続ける商店などで買い物もできます。

この機会にみなさまに是非足を運んで頂きたい場所です。

main

そして、最後は「共に作ろう」。
これまで多くの方にご参加頂いたオリーブプロジェクトですが、継続してご協力頂いたお陰で
また5年目へ向かって行けます。

いわきオリーブプロジェクトでは、耕作放棄地を農地として活用することなどで「環境と調和した農業づくり」「産業としての農業づくり」、その新特産物による搾油、加工商品開発によって「地域ブランド」づくり、将来は観光資源としても事業を生かしいわきの地域活性化につなげることを目的として始まりました。

東日本大震災とその後の原発事故により、いまだ福島県、いわき市は多大なる被害を受け、風評被害にも悩まされています。その中でオリーブプロジェクトの意味合いも変わりました。このいわきを再生させるためにもオリーブの苗木栽培を中心に進めています。
目標はいわきの復興のシンボルとしてオリーブを植えよう!西の小豆島、東のいわきを目指しています。

1

みなさまにご協力頂いた今日があってこそ、次の段階へ進んで行けます。
「共に作ろう」では、みなさまと一緒にオリーブの木を植えます。
一緒にオリーブ農園を作る第一歩です。

8

それは、みなさまの木でもあり、私たちにとっては希望です。
少しずついわきから北上してある双葉郡は、私のふるさとでもあり、広野町や楢葉町へも
オリーブ畑が広がっていく予定です。帰還が開始されてからもまだまだ人も少なく、
1人でも多く人が来てくれるようにと願っています。
オリーブが新しい産業として発展していくことで、各地で雇用創出にもなります。
大切な人たちが側で一緒に暮らせる、帰ってこられることにもつながります。

2014-03-29 13.03.31

オリーブプロジェクトのリーダー・木田ファームの木田さんとみなさまと
共にオリーブ農園を作りませんか?
この日から新たにまた木を植えて、お世話をして、秋には一緒に収獲をする。
これからの福島に必要なのは、共に作ってくれる人だと思います。

一緒に美味しいオリーブを作って、一緒に福島のオリーブオイルを作りたい。
私たちも5年目に向けた新しい第一歩をこの日から一緒に始めたいと思います。

『オリーブプロジェクトの活動はこちら↓』
http://power-of-japan.com/?p=8458
http://power-of-japan.com/?p=8107

*******************************************************************************************

□活動日:2015年3月21日(土)
□集合場所・時間:6:45集合、東京駅八重洲南口 ヤンマービル前
□活動スケジュール:往路 7:00東京駅出発-SA2回休憩(各10分~15分)-10:30頃現地着
〇豊間小学校
10:30~12:00
〇豊間復興商店 とよマルシェでお昼・買い物休憩(マルシェ内のお店で自由に取って頂きます)
12:30~13:30
〇オリーブ畑
14:00~16:00
〇現地出発
16:00
〇友部SA休憩(15分)
17:30
〇東京駅到着・解散
19:00~19:30頃
*道路状況により、スケジュールは多少前後する可能性がございます。

□天候: 雨天決行。(畑の作業は一部変更になる可能性がございます)

□活動場所:福島県いわき市

□参加費:含まれるもの(往復交通費)、含まれないもの(その他個人で掛かる経費)
会員:4,000円
新規会員:4,000円+年会費3,000円(初回のみ)
*今回、新規会員でお申込みを頂いた方もこの価格で参加できます!
一般参加:4,500円
*中学生以下は、半額です。中学生以下は、原則として保護者同伴の参加となりますので、よろしくお願い致します。

★新規会員募集のお知らせ★
会員登録案内はこちらをご覧ください

□募集人数(募集人数に達し次第〆切)
25名

□お申込み方法:最下部にありますお申込みフォームからお申込みをお願い致します。
申込後、詳細を送らせて頂きますので参加費をお振込みください。振込確認が出来ました時点で正式申込とさせて頂きます。
3営業日内(日曜祝日を除く3日内)のお振込みをお願いさせて頂いております。難しい場合は事前にご相談ください。
お申込みの3日前のキャンセルよりキャンセル料が全額発生致しますのでご注意ください。
・複数でお申込みの方は、代表者の方がまとめてお振込みして頂いて問題ございません。

□持ち物・服装 ○朝食、飲み物、長靴(念のため)、軍手、ボランティア活動保険、常備薬、タオルなど。その他ご自身で必要と思われるもの。
○服装:動きやすく、汚れても良い服装でお越しください。
・汚れた靴ではバスに乗らないよう、汚れを落としてからご乗車ください。

□参加申込書と同意書に関しまして
書類は、事前に添付させて頂き送らせて頂きますが、郵送も可能です。また、当日現物をご用意しておりますのでその場でご記入頂いても構いません。
・未成年の方⇒保護者同意書が必要になりますので事前にご連絡をお願い致します。(Fax、郵送、データのいずれかの方法で送らせて頂きます)
・一般参加の方⇒参加申込書兼同意書が必要です。2回目以降のご参加の方は、同意書のみが必要です。
・新規会員の方⇒会員申込書が必要です。
・会員の方⇒1年間有効の同意書を書いて頂ければ、それ以降書類の提出の必要はございません。 また、承諾書はサインで頂きますので印鑑は必要ございません。
* 内容に関しましては、お申込みを頂きました段階で事前に送らせて頂きますのでご確認の上、署名をして当日お持ちください。 プリントアウトが難しい方は、当日現物をお渡し致しますのでその場でご記入ください。

□放射線量について
・活動場所は、事前の線量測定において活動が可能と評価された場所のみでの活動になっております。
線量が高い場合は、その場での活動は中止し、活動可能な場所での活動になります。今までに中止になった事例はございません。
「いわき市モニタリングマップ」 http://www.sonicweb-asp.jp/g-i……0046876444

□お願い
・ボランティア活動保険(天災プラン)には必ず事前にご加入ください。加入していない方は、作業が出来ません。
ボランティア活動保険は、3月末で期限が切れてます!更新のお手続きをお願い致します。
お近くの社会福祉協議会でその場で加入が出来ます。詳しくは社協へお問い合わせください。 土日もやっている社協もございますので、ご確認をお願い致します。
・着替えは、現地到着後も可能ですが、なるべくすぐに活動が可能な服装でのご参加をお願い致します。
・活動中の撮影は撮影班が撮影させて頂き、活動終了後みなさまへDL自由な URLを共有させて頂きます。自由時間は写真撮影はご自由に行ってください。
・自分にできる範囲の活動を行ってください。休憩を心がけましょう。 無理な活動は、思わぬ事故につながり、かえって被災地の方々の負担と なってしまいます。
・活動中に地震など災害が起こった場合は、慌てずスタッフの指示に従って 行動してください。

□お申込みフォームへ お申し込みはこちら