6/14オリーブプロジェクト活動報告です!

1

最近不安定な天候の中、活動日は晴天28℃!
真夏日の中での活動でした。

2

3

4

訪れる度にオリーブの成長も垣間見えて、それもまた楽しみの1つです。

5

 

今回も木田ファームの木田さんご指導の下、活動開始です。
耕作放棄地を活用するために始まったこのプロジェクトは、今年で5年になります。
オリーブは、5年かかってやっと実がなるので今年の収穫の時期が楽しみです。

6

7

8

本日は、オリーブの株元の草引きから始まって、、

10

11

オリーブの木のまわりに立てる添え木の防腐剤塗り。

9

ローラー部隊のみなさんは、大学生ボランティアサークルのみなさん。
継続して参加してくださっています。

12

13

 

そしてもう1つの作業は、オリーブティ用の葉摘み作業です。

13+1

14

1つ1つキレイな葉っぱを選んでの手作業を丁寧にこなしてくださいました。

美味しいオリーブティになりますように!!

15

16

 

そして、ランチはスカイストアさんのいわきの食材を使ったお弁当を頂きました。木田さんのズッキーニ入り!

17

お昼の後は、このプロジェクトで作っている6次化商品のオリーブ麺の販売もしてくださいました。
太麺と細麺があるこのオリーブ麺は、和風に食べるのが一番おすすめだそうです。
スカイストアさんでも購入できます!

18

こちらは、あまり市場に出回らないので多くの方がご存知なかった「ロケットキャベツ」。
やわらかくて甘くて美味しいキャベツです。
由来は書いてなかったのですが、先がとんがっていてロケットみたいだから!?かなと勝手に想像してみる。

19

そして、食通の大学生たちはオリーブの葉も味わってみる。
新葉と古葉では味が違います!
ちょっと大人の味。

20

オリーブといえばの小豆島出身の方も参加くださって、木田さんとの出会いがありました。
今このプロジェクトには、小豆島の方が指導に入ってくださっています。
いわきや福島でオリーブが広がっていき、オリーブベルトが出来ることでオリーブが
復興のシンボルなると良いですね。

21

22

参加者のみなさんから木田さんへのメッセージも頂きました。
毎回恒例ですが、木田ファームのみなさんへ届けます。
木田さんも楽しみにしてくださっています。待っててくださいね~

23

今回もたくさんの方へいわきへ援農へきてくださいました。
オリーブは、復興のシンボルになっていくと思います。
いわきや福島の新たな産業としてもオリーブは、塩漬けにしてもオイルにしても化粧品にしても
多くの展開があります。 この産業がまた多くの雇用創出にもつながって、福島を盛り上げて
いけるものになるよう私たちも応援して行きたいと思います。

暑い中ご参加くださったみなさんありがとうございました!!