小さい頃、本を読むのがとても好きでした。
図書券をもらうと近所の本屋さんへ走りました。

大人になってから、図書券をもらうことも使うこともあまりなく、図書券が図書カードになっていたことも知りませんでした。

でも、今も図書券や図書カードを見た時に少しドキドキする自分がいました。
そしてワクワクしてくる。

外で遊ぶことがほとんどなくなってしまった子供たちの数少ない楽しみは読書です。
南相馬の子供たちへ図書券スポンサーを呼びかけてから図書券や図書カードのご支援をたくさん頂きました。

今日は、新潟県の五泉市立山王中学校の3年生のみなさんから図書カードが届きました。
1年生の頃からみなさんが自分たちの特技などを生かし、コンテストやコンクールに応募して、その際の賞品などを福祉に役立てようと考えていたのだそうです。昨年の東日本大震災では、修学旅行で行った「大阪商人体験」(地元の名産品を持って行き、大阪の人たちに売り込んで買っていただく体験活動)の収益金を寄付されたそうです。生徒さんたちは、今回の趣旨に賛同してくださって、図書カードを送ることについても全員一致で賛成してくださいました。

山王中学校3年生71名の生徒さんからのお気持ちを鹿島小学校の子供たちへ。

南相馬の図書館は、子供たちでいっぱいです。
でもきっと自分の好きな本は手に入れたいはず。。。

南相馬の子供たちの図書券スポンサーになりませんか?

図書券を握りしめて本屋さんへ走る子供たちが1人でも増えますように。。。
みなさまのご協力をお願い申し上げます。

「図書券(図書カード)スポンサー募集中!」
http://power-of-japan.com/?p=2687