南相馬への支援物資を募集してから約2週間が過ぎました。。。

もうすぐ1年が経とうとしているのに、今もこうして忘れず、また継続して支援してくださるたくさんの方々。
北は北海道から南は沖縄まで。そして、海外からも。

POJの倉庫は、たくさんの温かいお気持ちに溢れています。

これってすごいことです!
ご支援が増えている、減らないということです。

倉庫はもうパンパンです。
仕分けの日数を増やさないとなぁと幸せな悩みです。

最近、ちょっと好きなことが出来ました。

それは、届いた支援物資を開ける時のことです。
ガムテープを外して箱を開けると圧縮されていたかのように「プシュ~」と中身が膨らむのです。

それは、まるで支援物資を詰めて送ってくださったみなさんの気持ちが溢れ出すように感じる瞬間。
少しでもたくさんの気持ちをと詰めてくださっているのだなぁと思い、最近のお気に入りの作業です。

活動を続けて行くのは、お金も掛かりますし、労力も掛かることです。
支援団体さんがどんどん減って行くのもわかります。
もちろん、支援を続けてくださる方への負担もあります。

もうすぐ1年を迎えます。
今もこうしてたくさんの方にご支援頂き、活動を続けさせて頂いておりますこと本当に感謝の気持ちで
いっぱいです。

阪神大震災、中越地震を経験された方々からも励ましのお手紙やご支援を頂きました。
東北へ恩返しがしたい、気持ちを繋げたいとおっしゃってくださいました。

現地の状況によって、支援の形も変わって行くと思いますが、どんなに支援が減っても最後の1つになっても
活動を続けて行く気持ちに変わりはありません。

特に福島は復興が遅れています。
でも私のふるさと福島は、そんなに弱くありません。
生きている人たちは本当に強い。

必ずまた、帰ろう。

みなさん、本当にありがとう。
いつも忘れずにいてくださってありがとう。