先ほども登場した神奈川県警のみなさんは、パトロールのため周辺を回っていました。

抽選会の参加だけでなく、片づけまで手伝ってくれました!
テントの片づけもすごく早くて、きれい!
たたみ方も教えてもらいました(笑)

「本部設置で慣れているので。」

なるほど~ 勉強になりました!

県警の方も震災2日後から捜索活動などをされていたとお話ししてくださいました。
瓦礫に埋もれた被災地や真っ黒い海の中でも。

本当は、炊き出しや支援物資配布も手伝いたいがそれは難しいのでせめて片づけでもと
お気持ちでお手伝いをしてくださいました。

みんな思いは一つです。

あれだけあった物資もほとんどなくなり、ブルーシートが顔を出しました。

バスの運転手さんにまでお手伝いして頂いて、この空間が1つになっているなぁとしみじみ。

お帰りなさい!清掃班のみなさんを拍手でお出迎え。
本当にご苦労様でした。

最後に仮設のみなさんからボランティアさんへと頂いたお守り。
1つ1つに違う言葉が入っており、鈴の色も違います。

これを下さった方がずっと泣いていました。

それは、とっても温かい涙でした。

みんなにどうしても何かお返ししたくてと準備してくださった物です。

今回、初めてボランティアに参加される方がほとんどでした。
とても不安なこともたくさんあったと思います。

でも、こうして現地の方にみなさんのお気持ちや一生懸命な姿、届いていること忘れないで頂きたいなと思います。

かわいいこの子が、帰り際に私に向かって「プレゼントありがとう。」と言ってくれたこと忘れません。

先日の仕分け最終日のことでした。
今回訪れた宮城野区出身の方がお手伝いに来てくださていたのです。
彼女は、宮城野区では仕事がなく、今は岐阜で働いています。
ちょうど出張でこちらに来ていたので友人の方が誘ってくださって一緒に。
帰り際、彼女がいろいろと話をしてくれました。
彼女も地元のために何かしたいとずっと思ってはいたが出来ずにいたこと。
それが気にかかっていたこと。
こうして仕分けを手伝えて気持ちがすっきりしたと言ってくれました。

「みんなで宮城野区を元気にしてきます!」

そう約束した私は、彼女に約束を守って来ましたと伝えたいと思っています。

かわいいこの子の笑顔がその証。

バスが見えなくなるまで見送ってくださった仮設の方々。
こうして心通じ合う支援活動をまたさせて頂けましたことに感謝致します。

ボランティアが減っている。
支援が減っている。

それは、POJの話ではありません。

数えきれないほどの支援物資と毎回増えていくボランティアのみなさまに支えられて、
Power of JAPANは、誇りを持って活動を続けて行きたいと思います。

もし、今これを読んでいる方でボランティアへ行きたいと思ってはいるけど一歩踏み出せない方
体力に自信がなくても、何ができるかわからなくても、あなたが来てくれることで元気になる方が
たくさんいます。笑顔になってくれる方がたくさんいます。

大切なことは、忘れ去られて行くという恐怖や不安の中にいる被災地の方々へ忘れていないと
伝えにいくことです。

私もみなさまと同じ不安なことばかりでした。
でも、こんなに楽しくて、元気になれることは他にないなと思う日々です。
なぜなら、現地のおばあちゃんも楽しくなって一緒に集合写真の左端で腕を突き上げてくれるんです(笑)

POJは、みなさまが参加しやすい環境と楽しい仲間でお待ちしております!

最後になりますが、今回初めてボランティアに参加してくださったみなさま本当にありがとうございました!
継続して参加してくださるみなさま本当にありがとうございました!
ご支援・ご協力を頂きました全国のみなさま、企業のみなさま本当にありがとうございました!

そして、私たちを受け入れてくださった宮城野区のみなさま、若林区のみなさま、楽しい時間を
ありがとうございました!


ご協力頂いた皆様


撮影協力:西村敏雄、大津麗子、hide
運搬協力:株式会社COJ