ご支援頂きましたみなさまのお陰で今回も開催させて頂けるフリーマーケット。

フリマの時に出会ったおばぁちゃんが私に手を合わせて泣いていました。
「朝、トラックが着いて、こんなにたくさんの物資が積まれているのを見て本当に嬉しかった。」と。

何度も何度も手を合わせて。

先月震災のストレスで旦那さんを亡くしました。

こんなに楽しいことは久しぶりだと泣きながら笑っていました。

ランチの後は、フリーマーケットの開催です。
朝からずっと居てくださる方もいたり、朝から散歩をしながら楽しそうに準備を覗いてくださっている方もいました。

「何もないからうれしい!」
そういう方がほとんどです。

3月ではありません。
今です。

今回もたくさんの企業さんよりご支援を頂ました!
子供たちへのオムツ、カーテン、ウェットティッシュ、食品や調味料。

今も支援してくださる企業さんがいらっしゃること、本当に嬉しかったです。

今回おまんじゅうをご提供頂いた紅葉堂さんは、震災直後から支援を申し出ておられましたが、食品は最低半年以上の賞味期限が条件で受付けて頂けませんでした。支援したい気持ちを抱えたまま時間だけが過ぎ、ずっとジレンマを感じていたと話してくださいました。
でも現地のご年配の方はきっと甘いものが食べたいだろうと思っていたのです。しかし支援するすべが見つからなかった。
だから今回支援のお願いをした際に快く引き受けてくださり、また喜んでくださいました。想いが繋がった瞬間に思えました。

船橋の行田中学校の美術部のみなさんが描いてくださった応援の絵が付いた箱で物資を届けました。

こういう支援もうれしいものです。

なかはらくんさんにご支援頂いた手作りの塗り絵もたくさんの子供たちの元へ。大人気でした!

大きな水仙の球根もたくさん支援して頂き、小分けにしてみなさんの元へ。
12月にはここら辺のおうちには水仙がたくさん咲いていることでしょうね。

みなさんからご支援頂きましたハガキや切手もセットにして現地で配らせて頂きました。

つづく…

気仙沼活動報告⑤へ