今回のいわき支援への物資を送ってくださったみなさまへ

大変急ではありますが、昨夜福島県にあります只見町の役場から緊急要請がありました。

そして、先ほど只見町から正式に緊急要請を頂きました。

ニュースなどでご存知の方もいらっしゃると思いますが、豪雨洪水水害でたくさんの方が
避難されています。 まるで津波の後のような状況、震災直後の避難を思い出してしまいました。

橋や道路が流され孤立した集落がいくつもありました。
現在も停電、断水に悩まされている方々が大勢いらっしゃいます。

家の半分まで浸水した方、おうちが流れてしまった方様々な被害があります。

地震の被害ではありませんが、災害支援に変わりはなく、今この瞬間に困っている方がいらっしゃるならそちらへ飛びたいと思いました。

今回、お食事の提供をお願いされました。
温かいお食事、必要だと思います。

私たちもぎりぎりの日程ですが、何とか料理人さんたちと話し合って絶対行こうと決めました。

今回、3団体が協力してくださって和洋中とメニューも豊富で数も十分。
しかし、衛生面や現地の炊き出し場所などドロだらけの中での作業は難しく、決められた数を今必要な方へご提供できるようにすることが先決だと考えました。

しかし、他にご用意させて頂いたお料理もありましたので近くの町へと2手に分かれて行こうと思っています。近くには原発の被害の方々が避難されている仮設などもございます。

今回みなさまからご提供頂きました物資は、現在必要だと思われるものを只見にそして今回募集させて頂きました他の物資は美里へ持参させて頂きたく、ご連絡させて頂きました。

いわきへの支援も必要とされる限り続けて行きます。
いわきの支援の計画の中でいわきのたくさんの方にご協力を頂きました。
本当に申し訳ない気持ちですが、みなさん只見を今大変な地域を支援してくださいと快くおっしゃってくださいました。 本当にありがとうございます!

ただ、今はどんな災害であれ必要とされるならばその場所を支援しに行きたいと思っております。

急なことで申し訳ございませんが、みなさまのご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。