温かいお食事は、とても大切です。
何より、元気が出ます!

各被災地で沢山の団体さん、個人さんが炊き出し活動をしています。

一緒に活動してくれている料理人さんは、「料理しか出来ないから、料理で出来ることをしたい」と協力してくれています。

その食材もご提供してくださる企業さんや卸業者さん、農家さんなどがいらっしゃって本当に感謝しています。

お野菜などをご提供くださる農家さんは、私がいつも申し訳ないなと思いながらも電話すると、「待ってましたよ!」と言ってくださいます。その言葉がどれだけ嬉しいか。

以前、お肉をご提供くださった卸業者の社長も、「ずっと何か出来ないかと思っていた。是非協力したい。」とご協力頂きました。

見ず知らずの私たちに快くご協力頂けること、そういう温かいお気持ちを頂けることが嬉しいです。

たくさんのみなさんのご協力があって、温かい美味しいお食事をご提供できます。

炊き出しという言葉は好きではないので、〇〇食堂開店します!といつも告知させて頂いています。

物資もプレゼントとおっしゃる方もいらっしゃって、素敵だなぁって思います。

言葉1つとっても現地の方に与えられる印象は違います。

そんな言葉を大切にして、活動をして行きたいと思います。